これで満足!お役勃ち日記!

お得な情報盛りだくさん! Twitter→@satisfaction11

ノムリッシュチャリ動かしババア

http://sukatoro.hatenablog.com/entry/2018/05/27/080914
こいつのパクリでチャリ動かしババアをノムリッシュ翻訳してみた。FFも驚きのバトルストーリーである。

久遠の昔。世界に四つの希望が現れた。
コ・ウコウセイン・オプティマイザーの頃の話だ。ファブラ・ノヴァの頃は魔の巣窟暮らしでマンションに住んでいた。
バトルフィールドが天へと掲げし、万物を破断せしめる白銀の剣から空白の13位帰宅し、駐輪場のドア近傍のリージョンに我が相棒を停め異界送り。そう、ソレ、この世界の王が聖杯戦争の始まりだとは知らなかったでは済まされずに人はその貪欲さで己や己の子孫、果てはこの星の未来まで食い尽くすだろう。

第二幕の日(イヴァリース歴による)の神々の黎明、罵倒した者を抹殺するティュウリンジョウに向かうと第二次魔道大戦中次元の狭間に幽閉された…かつて暗黒の大地と呼ばれたその場所に回転する銀輪(シルバーホイール)がない。いや、自転車はあるが不可視世界の混沌に飲み込まれない…いや、むしろ……自転車だ。おかしい。俺の自転車は何処(どこ)だ。永劫にも等しい時間をかけて探すと全く別のリージョンに愛する女を失い絶望していた俺の我が相棒はあった。 
 風か何かで倒れたか、本当にそれが貴公の望みなのか…?と闘志にせず戦い(ドゥエル)。宿命の…“十二聖女”全てと禁断の契約を済ませた後、昨日と同じように魔導アーマーを停め帰宅。その肉体は鋼鉄よりも強いと言われる自分達を造り出した人間に滅ぼされかけた日の夜リブートしてフィフス・ムーン事件は起きた。



 闇の深淵出撃する──そして、この地球(ほし)を守るために騎馬置き場に向かうと、今朝同格…いや、あるいはそれ以上の強者別次元のもう一つの脚が置いてギル俺の第二のの脚は別の“妖精の森”と呼ばれるその場所に或る。おかしい…お前ほどの実力があれば分かるだろかの存在。アブソリュートわざと殺戮モードにしていると誰もが信じていた。


ファン・ニンの帝国の若者に支持されている目星はアブストラクト血の匂いに誘われてていた。同じマンションに住むバイセージブルドッグギガント上級戦乙女だ。自転車に乗っているのを見たことがある。やる運命は唯一<ウヌム>、復讐だ。

 テファ=ジメにモルボルが破れただと…?に出撃する前にババアの無限軌道人力輪をまったくパラレルの禁域に動かしておいた。同じ気持ちを味わエルはずだ。天罰術式ってェやつだ。凱旋間違えて帝国学園女子寮の浴室に入った後この物語の主人公のシバイシクルはモルボルグレイトの自転車があった禁域に停めた。



 次の日…いや、何千年、何万年も通学し帰宅するとモルボルグレイトのお気に入りポジションに天を駆ける馬がくった。出かけてないのだろうと幻想(おも)い「人(中央教会付属断罪官)の第二のの脚を勝手に動かすな~とファリガ=ミをしておいた。いかなる残虐な殺しも厭わないこれで動かしりゃあ本物のキチガイだろう。


その夜のことだ。ババアがアクションを封印より解き放った。旦那を異世界<ビヨンド>へ連れて我ら帝国軍に来たのな。来たか!と預言書を信じたが抑々なんで俺の預言書に記された事実がわかった上に虚構空間の片鱗まで心得たんだコ・インツラー。
謝罪して呉れるのかと幻想(おも)ったがモルボルグレイトの攻撃が火蓋が切られた。本物のファイナルファンタジーゲヘナの民の目指すべき理想郷の話ではかつての絶望を想起させる。
ババア紫電一閃・インワ・ク「本能の赴くままに紙を刻むな」 クラウド「物理的魂に囁け」「私は大地を掴みし部位が悪い」「原初の刻心に刃を秘めたる者がかの冥府に停めていた†
昔は斬夜の七騎士に憧れていたこともある俺は「誰=アイン・ソフ・オウルが天元突破してるかわからない、全てはクリスタルの力を求むるがためフン、随分と頭が高いな…貴様しようもない」「停める…かつて、“暗黒の大地”と呼ばれたその場所は我が血を以って火薬となしてない」~抑々皇帝の命を受け動かす方がアルテマだろ」と反論。
しかしデブババア・オブ・オルティシエ、預言書の示す通り体型の通りスタイリッシュアクションもでかく折れねェ――。足は折れてそうなのに。
クリスタルをめぐる熾烈な戦争に投入された 若き戦士たちの物語。


 めんどくさくなって「コッティは別のスーパーソニック・ヴァ=ショに停めてやるからもう…おしまいだ……君の存在に心奪われたにして戴いてゆくぞ」と追っ払っ――彼女がスコピオハーネスに着替えたらニッコニコして帰っていった。充足〈フルキャパシティ〉中枢でも満たされたんか…ふざけているのか…?

 黎明の後アバ茶屋の店主(ダーク・イーター フロス・ウシェヤ)に伝えた村の者ですら滅多に近寄らないところ†デブは己のことよりほかに考えてない」「今から怒鳴りに行く」「神が人を滅ぼすというのならば指令塔を守るエージェント・オブ・シールドが預言書にはなかったやつ……だろ?†と返ってきた。大いなる通りだ。因むところに怒鳴りに逝くのは止めた。
 キチガイには悪手に永遠なる時間の輪から出ずパラディンでアンチ・クリスタルすること、デブでスペースモルボルはろくな奴がいない、~道~それから・・・世の中頭が預言書にはなかったやつがいる…しかし、その裏では、かつて自分を裏切った兄が、暗躍していたのだ…――だが、我々には関係のないことを帝王学べた……クク、素晴らしい機会だった。

 この世界に満ちる全ての生命もまるで“ジャック・ザ・リッパー”を思わせる者どもには注意するかアブソリュートに対抗しよう…そんな……馬鹿な…!妥協はつけあがら使役すだけだ。